*

〈安全に〉&〈健康的に〉山を楽しむための情報を、山大好き医師が発信していくサイトです。

秋は血圧上昇の季節です

      2014/11/08

「近頃、血圧が高いみたいなんです」

毎日、大勢の患者さんが高血圧で内科外来に通っていますが、秋が深まるにつれてこんな話をする方が増えてきました。実は、季節により血圧が変化する人がいるのですが、ご存知でしょうか?

《暑い時期は血圧が低く、寒い時期は血圧が高い》 一年を通して、周期的に血圧が上がったり下がったりしている人は、かなりの割合でいます。「夏の間は血圧が120/80と低かった人が、冬になったら150/90になってしまった」なんてケースも珍しくありません。

血圧をコントロールしているのは自律神経ですが、その働きの一つに「血管収縮の調節」があります。様々な状況に応じて、細い動脈の大きさを調節しています。たとえば、暑いときには顔が赤くなりますが、これは顔の血管が拡張して血流が増えているためです。逆に寒いときは、血管が収縮して血流を抑えるので、顔色は蒼くなります。血管が細くなれば、血液が流れる際の抵抗が強くなるので、血圧は上昇します。

風呂上がりに血圧を測ったことはありますか?風呂で体が温まると全身の血管が拡張しますので、血圧は低下しています。体が冷めてくれば元に戻りますので、「血圧が下がった!」とぬか喜びをしても仕方がありません。夜の血圧は入浴前に測るようにしましょう。

 - 医療と健康の話

  関連記事

家庭血圧計でパニック!

「高血圧を放置すると怖いですよ」 ということで、家庭での血圧測定が普及してきまし …

風邪の治るかぜ薬はありませんよ

冬になるとテレビでこんなCMをよく見かけます 「かぜを引いたら、早めに・・・」 …