*

〈安全に〉&〈健康的に〉山を楽しむための情報を、山大好き医師が発信していくサイトです。

《山行記録》小日向山スキー

      2015/02/23

例年、12月上旬は積雪が十分にないため、山スキーにはまだ早い。しかし今年(2014年)は12月頭から降雪が続いており、「もしかしていけるんじゃないの?」ということで、長野県へ出かけた。この日は冬型で強い西風が予想される。そのため、比較的、風当たりの弱そうな小日向山の東面を選択した。

猿倉へ向かう林道は発電所のある二股まで除雪が入っている。林道を少し東に進んだとことから斜面を上がると、作業道らしき切り開きにでる。そこから南東尾根を上がっていった。夏には登山道の無い所である。
DSC04582雪の量がまだ少なく、シールでは歩きにくい。雪の下地がないため、スキーが潜ってしまう。時々、灌木の枝をつかみながらのモンキーラッセルとなる。

DSC04586標高を上げるにつれて雪の量が増えてきて、歩きやすくなってきた。

DSC04589天候が悪化してきたので、山頂は諦めることにする。山頂から南東の尾根1670m付近から東側の斜面へ滑り込む。まだブッシュが多く、その隙間を探しながらの滑降となった。

DSC04594たまに現れるオープンバーンでは、歓喜を上げて突っ込む… が、気を付けないと雪の下には時々地雷が埋まっていることもある。

DSC04598まだまだ、ブッシュは埋まっておらず、神経を使う滑降となった。林道に出る直前が急斜面となっており、雪付も悪いために降りるのに難儀した。遠回りにはなるが、雪の少ない時期は中山沢出合から入っている林道沿いに北へ降りた方が無難と思われる。

大滑降とはいかないものの、この時期にスキーで登り滑降できただけでも大満足であった。

山行日:2014年12月7日

山域:後立山

登山と健康のサイト《山と健康のコンパス》ブログ

 - 山の話題と記録

  関連記事

《山行記録》上州武尊 夜後沢・苅又沢スキー

前日まで強い冬型が続き、上越国境の山にはたくさんの新雪が積った。本日は天気が回復 …

《山行記録》草津白根山南面スキー

強い冬型で、日本海側の山は大荒れの天気となった2月1日。このエリアなら影響は小さ …

秋の登山 これに注意

秋は、山登りやハイキングに適した季節ですね。 ・夏の暑さがなくなり、快適に歩くこ …

《山行記録》子持山

関越道を北上していると、渋川インターの先で上り坂になります。そのあとに左手(西) …

《山行記録》西山金井沢スキー

尾瀬の玄関口、戸倉集落の西側にある山がその名も『西山』である。標高1898m、登 …

《山行記録》黒姫山東面スキー

黒姫高原スノーパークからアクセスする黒姫山東面は、雪質が良いのでパウダー率が高く …

《山行記録》仙ノ倉山・大根下シ沢スキー

谷川連峰の西の盟主といえば仙ノ倉岳である。この山域から北側には山スキーの好ルート …

《山行記録》上州武尊 剣ヶ峰・荒砥沢スキー

天気が良く、雪の状態も安定していそうなので、上州武尊の荒砥沢(あらすみさわ)へ山 …

《山行記録》湯ノ沢源頭・セバトの頭 スキー登山

閉鎖された三国スキー場の奥には、あまり知られていない不遇の山々が連なっている。大 …

《山行記録》那須三本槍岳・阿武隈川本沢スキー

今シーズンは3月に入ってからも降雪が続いていた。那須連峰もまだいけるだろうという …