*

〈安全に〉&〈健康的に〉山を楽しむための情報を、山大好き医師が発信していくサイトです。

《山行記録》那須三本槍岳・阿武隈川本沢スキー

   

今シーズンは3月に入ってからも降雪が続いていた。那須連峰もまだいけるだろうということで、三本槍岳へ行くことにした。ただし、マウントジーンズスキー場から往復するだけでは物足りない。そこで、山頂から阿武隈川本沢へ滑り込み、須立山へ登り返してから鏡ヶ沼へ滑り、三本槍へ戻るという周回ルートを計画した。

DSC04911計画書はチケット売り場のお姉さんが預かってくれた。下山の際にも声をかけてほしいとのこと。スキー場の駐車場付近はだいぶ雪解けが進んでいたが、ゲレンデトップへ上がると雪の量が多く安心する。ガラガラのゲレンデ脇で準備を済ませて、中の大倉尾根へと歩きだした。

DSC04914中の大倉尾根はブナとダケカンバの広々とした尾根で、とても気持ちが良い所である。3月中旬なのに雪の量が多く、ブッシュはほぼ埋まっていた。

DSC04918樹林帯を抜けると、朝日岳が見えてくる。山頂付近は岩が出ているが、そこを避ければ滑降できなくもなさそう。ただし、時期が早いと雪が固そうだし、遅いと雪がなくなってしまう。左奥には茶臼岳が見えるが、随分と雪がついている。

DSC04921スダレ山直下の黒川源頭部。帰りに下る予定だが、雪の状態は良さそうだ。

DSC04927清水平に上がると急に雪が少なくなる。風が強いため、いつも雪付が悪いのだろう。

DSC04936滑降予定の阿武隈川本沢を見下ろす。雪の量は十分そうだ。左奥に旭岳の先端が見えている。

DSC04933滑降予定の三本槍岳東面。この角度から見ると、滑り出しはかなりの急斜面のようである。気温が高いので、まあ何とかなるでしょう。

DSC04941静かな三本槍岳の山頂

DSC04943流石山方面 雪が割れ始めていた。良さそうな斜面だが、滑るならもう少し早い時期が良さそう。

DSC04948ドロップポイントにて滑降準備をする。右が阿武隈川本沢。奥には旭岳(赤崩山)の白いピークが見える。斜面を覗き込むと、出だしはかなりの急斜面。しかし、下に行くにつれて傾斜が緩くなるため、それほど恐怖感はない。

DSC04949滑降の途中で斜面を見上げたところ。雪面は緩み始めており、ジャンプターンで下ることができた。

DSC04947阿武隈川本沢を見下ろす。広く緩やかな沢が広がっている。

DSC04955沢の中より、須立山と旭岳。広々として気持ちの良い場所である。須立山の雪付が悪いため、周回ルートは断念。1550mまで下った所から、清水平へ向かって沢を登り返すことにした。

DSC04962清水平の稜線は遠い。

DSC04965山頂からのシュプール。風の影響か、この辺りのダケカンバは全て枝がひん曲がっていた。

DSC04974スダレ山より黒川源頭を見下ろす。何本かのシュプールが付いていた。暑い日であったが、雪は腐っておらず、快適な滑降ができた。沢沿いには下らずに、1600m辺りで中の大倉尾根へ上がった。尾根上は雪が腐りストップスノーとなっていたが、我慢の滑りで下って行った。

DSC04978静かなゲレンデへ合流し、本日の山スキーは終了。

阿武隈川本沢は滑降の記録を見かける事がなかったが、地形的には山スキーに適している。今年の様に雪の多いシーズンなら快適な滑降ができるだろう。須立山から鏡ヶ沼へ滑り込む計画であったが、この斜面は南向きのため雪が落ちてしまっていた。もう少し早い時期なら可能か?三本槍岳の北〜西の斜面は雪が少なかった。風が強いため、いつも雪付が悪いと思われる。

山行日:2015年3月18日

山域:那須連峰

マウントジーンズ…中の大倉尾根…スダレ山…清水平…三本槍岳〜阿武隈川本沢滑降…同沢を登り返し…清水平…スダレ山〜黒川源頭を滑降〜中の大倉尾根〜マウントジーンズ

登山と健康のサイト《山と健康のコンパス》ブログ

 - 山の話題と記録

  関連記事

《山行記録》草津白根山南面スキー

強い冬型で、日本海側の山は大荒れの天気となった2月1日。このエリアなら影響は小さ …

《山行記録》湯ノ沢源頭・セバトの頭 スキー登山

閉鎖された三国スキー場の奥には、あまり知られていない不遇の山々が連なっている。大 …

《山行記録》東谷山スキー

クリスマスイブですが、ドカ雪後の晴天とあって山スキーへ出動しました。夕方には自宅 …

《山行記録》上州武尊 夜後沢・苅又沢スキー

前日まで強い冬型が続き、上越国境の山にはたくさんの新雪が積った。本日は天気が回復 …

《山行記録》仙ノ倉山・大根下シ沢スキー

谷川連峰の西の盟主といえば仙ノ倉岳である。この山域から北側には山スキーの好ルート …

《山行記録》小日向山スキー

例年、12月上旬は積雪が十分にないため、山スキーにはまだ早い。しかし今年(201 …

《山行記録》上州武尊 剣ヶ峰・荒砥沢スキー

天気が良く、雪の状態も安定していそうなので、上州武尊の荒砥沢(あらすみさわ)へ山 …

《山行記録》黒姫山東面スキー

黒姫高原スノーパークからアクセスする黒姫山東面は、雪質が良いのでパウダー率が高く …

《山行記録》子持山

関越道を北上していると、渋川インターの先で上り坂になります。そのあとに左手(西) …

《山行記録》西山金井沢スキー

尾瀬の玄関口、戸倉集落の西側にある山がその名も『西山』である。標高1898m、登 …