脂質異常症(高コレステロール血症・高脂血症)と山登り
山と健康のコンパス
【クイズ】この山はどこでしょう?
(答えは写真をクリック)
難易度★★

コレステロールや中性脂肪などの値が異常となる病気です。高脂血症、高コレステロール血症などもほぼ同じ意味です。
 コレステロールにはいくつかの成分に分けられ、このうちHDLコレステロールとLDLコレステロールの値が重視されています。HDLコレステロールは俗に善玉コレステロールと言われるもので、血管の動脈硬化を抑える働きをします。LDLコレステロールは悪玉コレステロールなどと呼ばれ、動脈硬化を促進する作用があります。一般的にHDLコレステロール値が40以下、LDLコレステロールが140以上では要注意とされています(他の合併症によって目標値は変わります)。軽度であれば運動療法・食事療法で十分ですが、重度の場合は内服薬による治療が必要です。
 中性脂肪(TG)は正常値150以下とされていますが、食事の影響などで変動が大きい検査です。 動脈硬化への影響はコレステロールに比べると小さいと考えられていますが、300~400以上の高値が続くようであれば内服治療を検討することもあります。

【山に登っても大丈夫?】
 この病気だけで山登りに問題となることはありません。運動はむしろ良い影響があります。しかし、この病気をしっかり治療していない状態が続くと全身の血管に動脈硬化が起こっている可能性があります。脳梗塞、心筋梗塞などの重大な合併症を起こすことにもなりかねないので、一度は動脈硬化の状態を検査してから山に入ることをお勧めします。循環器内科を受診して頸動脈エコーや血圧脈派検査(ABI・PWVともいう)を受けると良いでしょう。簡単な検査ですが、どれくらい動脈硬化が進んでるのかがわかります。

【アドバイス】
 高脂血症は生活習慣と体質の二つの要素が絡んで起こります。LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)が高い方は卵の黄身や魚卵などのコレステロールを多く含む食品を摂りすぎないように注意する必要があります。登山などの有酸素運動は良い影響があることが分かっていますが、月に数回程度の運動では効果は限定的です。ウォーキングなど軽度~中程度の負荷の運動をできれば毎日、少なくとも週に3回位は行うとよいでしょう。運動時間は20分以上は必要です。